青森港は、北緯40度40分、東経140度45分の本州最北端、陸奥湾の最奥部に位置しています。
西に津軽半島、東に下北半島、中央に夏泊半島があり、陸奥湾の最深部に位置しているため、波高は1年の90%が0.5m以下で、北方の地方港の中では抜群の静穏度を誇る天然の良港です。
また、県都青森市の中心市街地に隣接し、韓国・ソウル便、中国・天津便が就航している青森空港、首都圏に通じる東北自動車道や幹線道路、東北新幹線・奥羽本線・津軽海峡JR各線、青森から岩手県境までを結ぶ青い森鉄道、北海道を結ぶフェリー埠頭が近接し、本州と北海道を結ぶ重要拠点として位置しています。
青森港の年間降水量は1,400mm程度で、一年を通じて冷涼な気候となっており、季節の移り変わりがはっきりしていることから、春夏秋冬どの季節でも自然の美しさを満喫できます。

詳しくは【東青地域県民局地域整備部 青森港管理所 青森港の概要】を参照願います。

img world

img kyori